消費者金融の審査について

他社借り入れがあるケースはどうなるの?
結論から言えば、他社借り入れ件数が3件以上ある場合は難しいケースが多いようですが、総量規制枠内になってますので、年収の1/3までは借り入れできます。

ですので、既にもう年収の1/3まで他社で借り入れをしてしまっている方は、既存の借金を返済しない限り、新しいキャッシングやカードローンができません。

 

しかし、これは消費者金融やクレジットカードのキャッシングの枠内ですので、銀行のカードローンは総量規制の枠外ですので、借り入れができるケースもありますが、基本的には消費者金融のほうが審査が甘いので、既に多重債務になってるのに、新たに銀行のほうで借りれる可能性は低いかもしれません。

 

皆さん疑問に思っているのは消費者金融の審査基準はどの様に決められているのかと言う所でしょうが、これは細かい基準については会社毎に異なってくるケースが有りますので、ここは審査が通ったけどここは落ちたと言う経験の有る人もいるでしょう。

 

それは毎月の収入額も有りますが、その他にも他社からの借入額の面での審査も有ります。

 

消費者金融や銀行などの金融機関では他社からの借り入れ状況や返済状況の情報を信用情報機関から提供してもらう事によって、共通の情報を得る事によって信頼度をはかり融資出来るかどうかの大きな材料となっています。

 

そこに情報が無いと言う事は借り入れが無いと言う事ですので特に問題は有りませんが、情報が有り融資額が大きかったり返済状況が芳しくない場合はマイナスポイントになります。

 

ですので申込者が幾ら申し込みの時にその情報をごまかしても、事実は必ず分かる事ですので虚偽の記載をする行為も消費者金融に対してはあまり良い印象は与えませんので、事実に基づいた申し込み手続きをする事が大切になってきます。

 

消費者金融ではその情報から毎月の収入額とのバランスを考えて、返済できるかどうかを考えた上で結果を出す事になります。

 

この情報に関しては第三者に漏らされる事は有りませんので、申し込み者も知る事も出来ませんので申し込む人は自分の状況や自分が今幾ら借金をしているのか、毎月幾ら返済しているのかをよく把握してから申し込む必要が有り健全な返済能力を維持する必要が有ります。

  • 2015/04/25 22:11:25