消費者金融について疑問にお答えします。

在籍確認の電話は自宅にもかかってきますか?

はい、お答えします。勤務先を確かめるための電話連絡は、申込み内容に間違いがないかを確かめるためのものであるので、その理由で在籍確認の電話を自宅にかけることはありませんので安心してください。本人確認の連絡は携帯電話になります。

 

自宅に電話かかってくる可能性があるのは、返済が遅れてしまった場合になります。返済が滞った際に、まず最初に連絡するのは、本人携帯番号です。遅れていることを気がついていないかもしれないということで確認します。そこで、連絡が取れなかった場合、自宅、そして職場へと確認が行きます。

 

そこでも担当者の個人名でかけてきますので、そんなに心配はないかと思われますが、勘の良い同僚などは気がついてしまうかもしれません。遅れることのないように気をつけましょう。

学生でも消費者金融でお金を借りれますか?

はい、お答えします。学生の方でも20歳以上で、アルバイトをして毎月一定の収入がある方なら、消費者金融でお金を借りることは可能です。消費者金融では年齢制限がありますので、未成の方は利用する事が出来ません。もし利用するのであれば保護者の方の名義で利用する事になります。

 

ですので、20歳以上でアルバイトをして収入がある方に限っては、学生でも借りる事が可能です。アルバイトとなると働き始めてすぐに申込みをしても、審査に通らない可能性はあります。勤続年数があまりに短いのと、また転職する可能性がある事が考えられるので、そういう結果になります。

クレジットカードを2枚所有していますが、新たに消費者金融を申込むのに総量規制の対象になりますか?

はい、お答えします。クレジットカードは買い物をローンで返済するショッピング枠と、お金を借入れするキャッシング枠の2種類があります。ショッピングのみの利用なら総量規制の対象にはなりませんが、キャッシング枠を利用しているならそれは総量規制の対象になります。ですので、消費者金融を申込む時には、他社からの借入れの記入欄にキャッシング枠の利用金額を記入しましょう。

 

利用していないクレジットカードのキャッシング枠に関しては、最初からキャッシング枠を含まないクレジットカードとして申し込む事をオススメします。お金に余裕があるのであれば、新規でのローン申込みの際での妨げにしかならないからです。

 

例えば、住宅ローンやマイカーローンなどの高額ローンでは、キャッシング枠を極力排除するように進められます。キャッシング枠があることでローン審査に影響します。

簡易診断の質問内容はどれだけ重要?

大手の消費者金融では、本審査に入る前に簡易診断があります。3項目の質問に答えるだけで簡易診断の結果を教えてくれます。

 

その3項目というのは【生年月日】【年収】【他社からの借り入れ】になります。

 

生年月日は年齢を知る:消費者金融を利用できる条件としては「20歳以上69歳以下」となりますので、未成年の場合はここで振り落とされてしまいます。

 

年収ですが、例え低い年収であったとしても審査で落とされるような事はありません。総量規制のために必要な質問となります。

 

3項目目の他社からの借り入れはいくらあるでしょうか?もちろん、どこの金融機関からもキャッシングを行っていなければここは「0円」です。

 

ですが、すでに金融機関から借り入れを行っていれば、審査に影響します。実は総量規制により、年収の3分の1までが借り入れ可能な金額なので、先ほどの年収の質問を3分の1にして、そこから、他社からの借入金額を差し引いた金額が、新規での借り入れ可能額となります。

 

本審査と大きく異なる点は、個人情報を入力する必要がないので、診断結果が消費者金融側に残る事もありません。

 

また、本審査を申込みすると、信用情報機関に履歴が残ってしまいますが、この簡易診断では残る事はありません。ですので、何度診断を試しても問題ありません。

審査には収入証明書は必要でしょうか?

収入証明書類は50万円以上の借り入れを行う場合に必要になってきます。

 

通常の申込みの審査では、身分証明書を用意すれば大丈夫です。

 

運転免許証、もしくはパスポートなどの顔写真のある身分証明書です。健康保険証は写真がありませんので、追加で住民票などの証明書類が必要になる場合があります。

  • 2015/05/28 03:22:28